むくみが起きる原因と美容への影響

むくみと美容の関係

むくみで悩ませれている人は多いことでしょう。

むくみは

余分な水分や老廃物が体の中に蓄積されてしまった状態です。

本来なら余分な水分や老廃物は体の外に出されます。

水分は尿や汗として

老廃物は便や尿等から排出されます。

体の中には余分なものが残らないように体が作られていますが

疲れやストレス、身体機能の低下等の理由から

満足に水分や老廃物を体の外に出すことができなくなることがあります。

そんなときに体の中に溜まっていくと

美容に悪い効果が色々と出てきてしまいます。

足の美容と健康は見た目の問題とは別に

体全体の健康にとっても大きな意味を持ちます。

足のケアの基本となるのはむくみ対策

足がむくんでくると血行が悪くなり体全体の血流が悪くなります。

むくみのメカニズム

下半身に血液がたまらないように

むくみを改善していくようにしましょう。

足がむくんでしまう理由

足の締め付けによるもの、冷え性、運動不足

ふくらはぎを動かさないということがあります。

靴下で足を締め付けていると血行が悪くなります。

そうなると水分の代謝が悪くなっていき

足がむくむようになってしまいます。

冷え性
冷え性は、特にむくみの原因となります。

体が冷えやすく

普段から体を動かさないことの多い人は要注意です。

対策方法

運動不足を改善することで体の代謝が上がり血行がよくなります。

そうすると冷え性も改善出来てむくみも解消されます。

ふくらはぎを動かすということは特に大事なポイントになります。

ふくらはぎの筋肉が血液を心臓に送り返す役割を果たしていますが

体を動かしふくらはぎを動かさないかぎりは

心臓としての役割を果たせません。

動かさない状態が続くと心臓も機能しなくなってしまいますので

ふくらはぎは定期的に活動させましょう。

足を綺麗に見せるためにも最初はむくみの改善を行なうことです。

たとえば、むくんだ状態になると体が膨らんでしまいます。

太っているわけでもないのに

いつも以上に顔が大きく見えてしまったりすると

印象が悪くなってしまいますよね。

むくみは見た目に影響するだけではありません。

むくんだ状態になると血管を圧迫する結果になり

血液の流れが悪くなってしまいます。

そうなると体の中の老廃物は更に流されにくくなり

体の中の血液の循環が悪くなることから色々な場所で

エネルギー不足が起こることになります。

肌の代謝が悪くなったり

髪の毛の成長が遅れてしまった理という悪循環になります。

むくみはむくんでいる場所だけに影響を与えているように見えますが

実際には体全体の美容に関わっていることです。

むくみを放置してしまうと

美容にとって悪い影響を及ぼす可能性があります。

そのむくみを放置した部位が太くなったり

たるみが起きる可能性があるのです。

むくみを放置してその部位が太くなる理由は

排出されなかった老廃物が皮下組織の脂肪細胞にくっついて

そのうち固いセルライトに変わってしまうからです。

むくみを放置して固いセルライトになってしまうと

セルフケアでは簡単に元に戻す事は非常に難しいのです。

これが

むくみを放置するとその部位が太くなってしまう理由です。

また、皮下組織に老廃物が溜まった状態が長く続くと

その部位の皮膚が伸びたり老廃物の重みにより

皮膚が下垂する事でたるみが発生します。

このようにむくみは

例え病気ではなく自然現象であっても放置していると

美容に良くない影響を及ぼしてしまうのです。

特にふくらはぎなどの下半身は

むくみにより太くなりやすい部位です。

気をつけましょうね。

むくみリピートさせないコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です