むくみと冷えの予防の基本

肌荒れや便秘、むくみなど、様々な身体の不調を招く

「冷え」

美しい体を作るには、体温を適切に保つのがポイントです。

メタボの原因も冷えにあった!

筋肉は代謝によって作られるものですから

代謝を良くしていけば自然と筋肉量も増加していきます。

 ↓  ↓

代謝の改善でパンパン足を改善

身体を温めることで代謝の機能も向上するので

自然と筋肉もつくようになるので、ケガの予防にもつながります。

ちまたにあふれているダイエットの多くが

食事内容を限定したり、制限したりするものです。

でも体重を減らすには、食事を制限しながらも

運動などでエネルギの消費量を増やすことも重要です。

食事だけ制限したダイエット法はたとえ一度成功しても

執拗なエネルギーを摂っていなかったために

体を壊したり、気を抜いた途端に

またリバウンドしてしまいます。

だから食事を制限するためだけではなく

エネルギーの消費を減らすために

代謝を良くして筋肉の量を増やすことが

一番成功しやすいダイエットなのです。

太っている人は

だいたい血滞の状態で、血が滞っています。

これを解消することによって

細胞の代謝が促進されて筋肉がつくようになります。

運動や食事に気を配れば、効果はもっと上がります。

筋肉は脂肪よりも代謝が大きいので

一度筋肉がつき始めるとすぐにリバウンドすることはありません。

最高のアンチエイジングは予防

女性にとっては年齢とともに衰えていくスタイルを

いかに若々しく保つかが、大きな関心ですね。

人は、年を取るにしたがって、体の熱を失っていきます。

生まれたての赤ちゃんは熱の固まりです。

子供の頃は体温も高く、代謝も活発に行われていますが

大人になるにしたがって体温が下がり

代謝量も少なくなるのです。

さらに、病気や冷え性、タバコなどの習慣によって

体温の低下は加速されてしまいます。

身体の熱を失わないようにして

代謝を活発なままに維持していくことが

健康と若々しさを保つ最大の方法なのです。

身体を温め健康美人

身体が温まり、体質が改善されていけば、その状態を維持しようとして

体が自動的に機能するようになります。

身体の温めを無意識のようにできるようになった頃は

もうあなたは超健康美人ですよ!

冷え性改善グッズと楽チン♡温め方

湯たんぽ

約70℃のお湯を注いでタオルでくるめば

すぐにでも気持ちよくなっていきます。

一番効果があるのは、不智雄の上に置いておくこと。

そこから体全体に熱が伝わっていきます。

腰や肩、冷えていると感じている部分があれば、そこに当ててください。

すぐにラクになっていくはずです。

ペットボトルで代用しても構いません。

コンビニですぐ購入できるし、オフィスでも活用できますね。

デスクワークの女性にオススメです。

使い捨てカイロも身体を温めるには効果的です

手足が冷えている時でも、胴体部分に張り付けた方が温まります。

一番いいのがお尻の上の方の仙骨周辺

自律神経の通り道なので、効果テキメンです。

クビを温めると全身ポカポカに

身体を温めるには「首」につく部位も温めてみましょう。

つまり、首、手首、足首です。

特に首は、体全体に暖かさが伝わります。

夏も冬もガードを忘れずに。

腹巻で胃腸も快調

お腹はかなり冷えやすい部分だそう。

お腹にはたくさんの内臓があります。

お腹や腰を温めると血流がアップし、体全体に熱が行き渡ります。

胃腸の調子が悪い時でもすぐ調子が戻ってきます。

冷えだけでなくむくみの改善にもなります。

冷え性改善グッズも生活に上手に取り入れてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

痛みや何らかの症状が出ないと、予防や生活習慣を改めようとはしません。

予防という点では

自分自身が自分で管理するんだという

意識と心がけが大切なんだと思います。

「むくみと冷えのケア」に早すぎるということはありません!

「大切なのは予防です」

ブルゾンちえみ風に言ってみました(^^♪

ふくらはぎ、むくみで痛くありませんか?

解消法はこちらを参考にしてみて下さいね。

 ↓   ↓

むくみで眠れないを解決 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です