血流改善で足のむくみが痛いを解消できる理由

あなたのふくらはぎ、元気ですか?

ふくらはぎに張りを感じるような場合は

血流が低下していると考えられます。

きちんとマサージなどをしてケアすることを

意識してみてくださいね。

ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、

血液やリンパ液を循環させる大切な働きをしているのです。

立ち仕事など運動不足からくる「むくみ」

特にデスクワーク中心の人は意識して

ふくらはぎのマッサージをやる必要があるでしょう。

体を動かさないと血液の流れは悪くなり

ハリが大きくなるばかりです。

私は足首回しを定期的にやって対策しています。

 ↓   ↓

オフィスでのむくみ対策

常に大きく稼働する「ふくらはぎの筋肉」は、

疲労による影響をうけやすく

ちょっとした負荷がかかることで

痛み・はり・だるさを感じることがあります。

・冷感を伴うような鈍痛

・動かすとラクになる

・神経が鈍くなり、皮膚を押してもなかなか戻らないような張り方

このような症状がある場合は要注意です。

ふくらはぎが固いのは老廃物が溜まっている証拠です。

ふくらはぎは血液循環の要

「ふくらはぎをもめば健康になる」その最大の要因は、

「全身の循環がよくなる」ことにあります。

カチカチになったふくらはぎ、

ぱんぱんになったふくらはぎをもみほぐしていくと、

次第に柔らかくなり、ほどよい弾力が戻ってきます。

すると、

血液やリンパといった体に流れる「体液」の循環が改善されます。

血液が全身を巡っているおかげで、

私たちは活動するためのエネルギーを得て、生命を維持しています。

この血液の流れが滞ると、

体には数えきれないほどの不調が現れます。

血行が悪くなると

体内の脂肪分解酵素の働きも低下してしまい、

太りやすくなってしまいます。

ほかにも、

肌の乾燥やくすみ、頭痛、肩こり、目の下のクマなど、

女性を悩ますほとんどは、血流の悪化と切り離せない関係・・・

女性にみられる冷え性、むくみなども、下肢、

特にふくらはぎにたまった血液の戻りが悪くなっているためなのです。

これらはすべて血流が悪いことで起こる症状ですから、

逆に言えば、

ふくらはぎをマッサージして血液の循環がよくなれば、

先に書いた、冷えやむくみの症状がすべて改善していくのです。

むくみからくるふくらはぎの痛みの対処法

・入浴やマッサージなどで血流量を高める

体の末端から中心に向かって、

肌をなでるように優しくさするのがマッサージの基本です。

お風呂につかると体が芯から温まり、血行が促進され、

効果が出やすいです。

マッサージが終わったら

仕上げに白湯をコップ一杯飲んで終わりましょう。

全身の代謝が高まります。

・ウオーキングやストレッチなど軽めの足を使う運動を10分程度行う

歩くということは、

私たちが思っている以上に効率よく筋肉を鍛えられる運動です。

全身の血行を良くするストレッチは、

体への負荷も少なく、始めやすいですね。

少し脚をあげるなどするだけでも、むくみも取れやすくなります。

・体を温める食材を利用して血流量を上げる

生姜、にんにく、かぼちゃ、ねぎ、赤唐辛子、にら、にんじん、山芋、

ふき、りんご、プルーンなどを、普段の食事に取り入れて見てください。

特に生姜は、体を温めて冷えを解消し、

病気を改善するためにはもっとも有効な食材です。

紅茶やココアに入れて飲むといいですよ!

特に、夜足が冷えて寝付けないという悩みの女性には最適です。

・腹式呼吸を行い、下半身への血流量を増加させる

背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。

この時、

丹田(おへその下)に空気を貯めていくイメージでお腹を膨らませます。

つぎに、口からゆっくり息を吐きだします。

お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出し切るように、

そして、

吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。

まとめ

はーい深呼吸♡体が温かくなりましたね(^^♪

血流を良くする生活習慣を身につけることが大切です。

今まで弱まっていたふくらはぎのポンプ機能が活発になれば、

痛かったむくみも徐々に改善されていきます。

血行を良くすることは、美容や健康面だけでなく、

生命活動の維持にもとても大切なことなのです。

管理人は、週2回の贅沢タイムに入れています。

 ↓   ↓

薬用HotTab 重炭酸湯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です