ストレスとむくみの関係性と解消方法

ストレスはありませんか?

今はストレス社会ともいわれるほど

多くの方が何らかのストレスを抱え苦しんでいるようです。

中には体調不良を訴える人も。

リラックスした方がいい理由

リラクスしている時には副交感神経が働いています。

その反対の緊張状態では交換神経が働きます。

これらが

バランスよく働くことで私たちは健康状態を保っています。

交感神経には血管の収縮作用があうので、だんだんと血流が悪くなり

血管から水分が漏れる量が増えていきます。

これが、むくみの原因となります。

足むくみとストレス・・・

これを繋げてみてもあまりピンとこない人も多いでしょう。

けれど

ストレスと足のむくみはとても深く関係しているのです。

ストレスが増えると

ストレスが増えるとストレスホルモンであるコーチゾルが増え

感染に対する免疫力、抵抗力が衰えます。

すると病気にかかりやすくなります。

腎臓・肝臓・心臓・甲状腺・・・このあたりの機能が衰えると

「足のむくみ」につながってしまいます。

ストレスへの抵抗力をつけていくことは

「足のむくみ解消」の為にとても大切なことです。

しかし、ストレスレスで生きていける人間はいません。

ですので、リラックスできる方法を考えましょう。

あなたの好きな時間は何でしょうか。

管理人は、ハーブを育てたり、ペットと触れ合う時間が

リラックスできる時間です。

まずは

何か飲みながらゆっくりする時間を作ってみましょう。

すると、副交感神経が働くようになります。

副交感神経が働くと

緊張を解くことができて血管を拡張することができます。

こころの冷えが、体をむくませる

心の不調も、過度のストレスや緊張が原因で

体が冷え切ったために起こるものだと言えます。

過度のストレスで心のバランスを崩さないためにも

ストレスを感じた後には

しっかりとリラックスできる時間を取っておきましょうね。

自律神経の乱れは

生活リズムだけでなくストレスのも強く関係しています。

仕事と遊びをきちんと分けたり

一日の終わりにのんびりできる時間を作ったりしておけば

自律神経のバランスをよい状態に保つことができます。

ストレスを発散することも

足のむくみ解消への近道です。

「よく働き、よく遊ぶ」心の健康法に関しては

こうしたライフスタイルが一番予防法かもしれません。

さまざまなストレス解消を

強いストレスを感じている心をリラックスさせるには

やはり体を温めてあげることです。

お風呂に入ることで、冷えもむくみも解消できますね。

少しぬるめのお湯にゆっくりつかっていれば

副交感神経が優位になってリラックスでき

心地いい眠りにつくことができます。

足を温めれば免疫力は上がります。

足を温めながら心の問題を緩和しましょう。

また、日ごろから体を温めることを心がけていれば

副交感神経系の働きで緊張感を緩和することができます。

自律神経を正常化する近道はずばり

「早寝・早起き」です。

毎朝きちんと朝日を浴びると

「ハッピーホルモン」と呼ばれるセロトニンがたっぷり分泌され

体内時計もリセットされます。

スッキリ早起きするためには、眠る前に交換神経を沈静化させ

副交感神経が充分に働くようにして熟睡することです。

まとめ

ストレスとむくみなんて関係なさそうに思いますよね。

けれど、心と体はつながっています。

楽しく笑っていると、心も温かく感じますが

体も温めることにもなるのです。

心も体も温まりましたでしょうか?

どうぞ明日も素敵な一日になりますように・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です