ダイエットにも役立つ!足首を温める効果

足首って脂肪がついて太っているというよりは

実はむくみや筋肉バランスが悪くて

太っているパターンが多いんです。

あなたの足大丈夫?疲れていませんか?

肩も凝るけど足首もこる!

足首は疲れが溜まります。

リンパ液は足首に溜まりやすいのです。

窮屈な靴の中で足首を緊張させてしまい

足首が硬くなり、血行が悪くなり

冷えにつながっていることがあります。

また

足首は立った時に下から一番最初の大きな関節。

建物で言えば基礎や土台です。

足首がグラグラしている状態では

膝や腰に負担がかかってきます。

体中の「首」が血流のカギ

首を温める効果

首、手足、足首・・・など、「首」と呼ばれる箇所にはだいたい

皮膚のすぐ近くに頭と体をつなぐパイプ

すなわち「動脈」が通っています。

動脈には大量の血液が流れているので、

「首」をあたためること=「血を温める」となり

全身を温めることになります。

さらに首には精神のリラックス状態にかかわる

「副交感神経」なるものが通っていて

体温が高くなれば、低下していた免疫機能も持ち直して

全体的な体調不良もスッキリと和らぎます。

冷えも解消され、代謝もアップし、ダイエットにも役立ちます。

私は冷えや疲れのひどい日に利用しています。

入浴の効果を高めてくれます。

 ↓    ↓

薬用HotTab 重炭酸湯の実際の効果は?

首を温める場所

動脈を温めれば身体中の血液が温まりやすくなります。

つまり、太い血管が通っている箇所です。

足首が冷える

足首の冷えは女性にとって重要なサイン!

足首は、骨盤と連動していると言われています。

女性特有の悩みが気になっている方は

特に足首を温め、ほぐしてあげましょう。

足首が冷える、足首が冷えやすい原因には

以下のようなものがあります。

・気候や冷房などで

 地面に近い足元が他よりも冷やされてしまっている

・足首は肌が露出していることが多い

・足首には脂肪が他の部位より少ないことが多い

・ハイヒールなどの影響で足首が硬くなっている

(血行が悪い)

・運動不足でふくらはぎの筋肉が衰えている

あなた自身の身体が熱を

上手に作り出せなくなっているのが原因です。

身体の内側から代謝を上げていきましょう!

夏の足首のケア

足首の冷えは夏でも冬でも年中無休!

空調の効いた部屋に長時間いなければならない時は

靴下を着用しましょう。

夏の冷房の冷えは自覚しにくいために

気づいた時にはかなり冷え切っているということもあります。

下半身のエクササイズは

熱を生み、体を温める効果があります。

しっかりとマッサージすると

足首のむくみが消えてすっきりしてきますよ(^^♪

足首はパーツごとにマッサージしましょう

くるぶし

親指でくるぶしの周りを

ゆっくり円を描くようにマッサージします。

内くるぶしと外側を3回ずつ左右とも行いましょう。

アキレス腱の凹みをマッサージ

アキレス腱の両方の凹みを

ふくらはぎに向かってゆっくりとなで上げます。

両手の一刺し指を曲げて関節の部分を

アキレス腱の両方の凹みに押し当てるとよいです。

痛みを感じる一歩手前くらいの強さが理想的です。

左右5回ずつ行います。

足の甲のマッサージ手を軽く握った状態で

足の指先から足首に向かって足の甲を全体的になぞります。

左右ともに行いましょう。

足首マッサージを続けることで

血行やリンパの流れがいくなれば

キュッと引き締まった美脚へ一歩近づきます。

何よりも根気強く続けること、これが大切です。

足首の血行を良くすることは、

足首からの先の冷え対策としてはもちろん

むくみ対策としてもよい効果があります。

足湯もおすすめ!

血液の循環を良くし

冷えや疲労回復などに優れて効果を発揮します。

足湯は半身浴などに比べると、手軽にできますね。

まとめ

温めて、動かして、いたわって!

太ももは比較的痩せやすくとも

足首を細くするのはちょっと時間がかかります。

脚のトータルバランスを考えて細くするのが美脚の一歩です!

あ~でも・・・

男性はなぜ

女性の足が好きなんでしょうね~(#^.^#)

痩せにくい「ふくらはぎ」ですが、

ふくらはぎを細くする方法は参考にして下さい。

↓  ↓

ふくらはぎを細くする  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です