冷え取りの食事基本「腹八分目」

美容や健康維持のためには

食事の量は「腹八分目がいい」とよく言われます。

冷え取りの食事の基本も「腹八分目」が良いです。

食べ過ぎると

1・胃腸に血が集まる

2・血がドロドロに。それで全身の血の流れが悪くなる

満腹になるまで食べると体へのストレスも大きくなります。

なぜなら、食べたものを消化するのに

胃や小腸、大腸などをはじめとする消化器官に大きな負担をかけてしまいます。

それは同時に熱を作ってくれる筋肉や、脳に供給する血液量が少なくなることを意味します。

すると身体は熱を作れず、体は冷えていきます。

食事の量を調整すれば

肌や髪など必要なところに酸素が行き渡ります。

老化を防ぐことができ、お肌がきれいになり

・内臓の負担が減る

・病気になりにくい

・代謝が上がる

たくさんのメリットがあります。

食べ過ぎないことがアンチエイジングな食習慣の基本です!

■腹八分目のやり方

腹八分目といっても

どのくらいの量かよくわからないですよね。

よく言われるのが、

もう少し食べたいなと思うくらいがちょうどいいと言われています。

よく噛むことも大切

噛むことは血糖値を上げ、頭の働きを良くします。

よく噛んで食べると栄養が吸収されやすく

また、少ない量でも満足できます。

どんなに冷えに効果的な食事も

ガツガツ食べてしまっては台無しです。

噛むことは脳の刺激にもつながりますし、

唾液が出ることで消化器の負担が軽減されます。

さらに、顎や歯の健康にもつながります。

そうはいっても、今までたくさん食べていた人は、

「腹八分目」つらいかもしれませんよね。

コツを紹介したいと思います。

もし食べ過ぎてしまっても

その苦しい状態を味わってめげずに、ゆるく続けていきましょう!

■腹八分目のコツ

■お皿を変える

食器類を、いつもよりも小さいものに変えてみましょう。

「ご飯茶わん」は必ず替えます。

これでだいぶカロリーをカットできます。

■スープを飲む

食事を食べる前に温かいスープを飲んで胃を落ち着かせます。

あなたの冷え症、出来れば早く治したいですよね。

冷え解消の近道は原因を知ることが大切です。

 ↓   ↓

放置は危険!冷え解消の近道

冷えで悩んでいるなら

「腹八分目」になっているか確かめてくださいね。

冷え取りを始めると不思議なことに、

次第に悪いものは食べられなくなるのです。

「プチ断食」もたまにはいいかもしれませんよー

空腹の良さも体験してみましょう!

満腹の幸せよりも、冷えが取れ

すがすがしく動ける日々を想像して頑張りましょう(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です