冷え性のあなたに♡湯たんぽの効果的な使い方

人は体が冷えてしまうと

目が覚めてしまい眠りにくくなってしまいます。

また、体が冷えてしまうと血液がうまく流れにくくなってしまうため

疲れが取れにくくなってしまいます。

■湯たんぽで体をポカポカに!

「湯たんぽ」は使ったことがありますか?

どこか懐かしさを感じる湯たんぽですが

お湯を注ぐだけで

電気を使わずにあったかいというエコという観点だけでなく

女性に嬉しい効果もたくさん!

湯たんぽは

電気ヒーターのような乾燥もなく熱量が非常に大きいうえ、

その熱量を安全にかつ身体に直接触れさせて伝えることができるので

身体を温める道具として、とても優秀なんです!

湯たんぽで全身を温め血流がよくなると

肩こり・首こりからくる頭部のうっ血が解消されます。

すると精神状態が落ち着き

睡眠の質の向上が期待できるのだそう。

また

不眠はさまざまな病気の症状のひとつであるため、

湯たんぽを使って不眠を改善することは、

本来の病気の治療にもつながるのだと言います。

湯たんぽは女性の味方♡温める場所が重要です!

【鎖骨】

鎖骨部分を温めると肩から腕、そして肺に効果があります。

肩こり、気管支炎や喘息などの症状が緩和されます。

【みぞおち】

みぞおちを温めると胃や肝臓に効果があります。

とくに肝臓は全身の健康のためには

もっとも温めたい臓器のひとつです。

【下腹部】

下腹部は身体全体の体温を上げるキーポイントとなる

重要な場所です。

湯たんぽがひとつしかない場合は

下腹部を温めるのがもっとも効果的でしょう。

また生理痛など女性特有の不調改善にも

下腹部が一番おすすめです。

お腹の中にあるしきゅうや卵巣の血流を良くして

生理痛を軽くすることができます。

また婦人科系の病気の予防になります。

【太もも・お尻】

太ももやお尻を温めると足先まで効果が広がります。

足が冷たくて悩んでいる人は

足先よりもこの場所に湯たんぽを置きましょう。

体の芯からじんわりと温めることができるため

冷え性に最適です。

また足のむくみ改善にも効果的です。

■心を癒す、かわいい湯たんぽ

管理人の湯たんぽカバーは、猫です(=^・^=)

最近の湯たんぽのカバーは

とてもかわいいものが多くなってますよ!

大人になっても

かわいらしいものを抱いて眠るととても心が癒されますよね。

下半身までじんわりした温かさに包まれて

ほのぼのとぬくもりが続く♡

めんどくさいけど

「湯たんぽ」が手放せなくなりますよ(^^♪

アロマの力も素晴らしいです。

湯たんぽと併用して効果を高めることができます。

 ↓    ↓

アロマの香りの効果でむくみを解消を参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です