女性に多い冷え性を見過ごせない理由は?

下腹部が冷えると古血が溜まりやすい

「手足が冷えて冷たーい」

「足は冷えているのに、顔がほてって困る」

などは、体に「冷え」がある証拠です。

なぜ冷え性になるのでしょうか?

それは「冷え」により血液の巡りが悪くなると

「古血」があちこちに溜まった状態になるからです。

(*古血とは、ドロドロネバネバ、老廃物や有害物質をためこんだ血液)

新鮮な温かい血液が送られてこないので

その部分は温度が下がざるを得なくなって冷えてきます。

手足は心臓から遠いのと

体の表面積が胴体に比べて大きいため温度が発散されやすく

そのため早く「冷え」の状態になりやすいのです。

手足の次に冷えを強く感じるのは下腹部です。

おへそに手をあててみて下さい。冷たい人が多いのです。

女性の下腹部には、子宮や卵巣があり、

男性の下腹部より臓器が多く構造も複雑です。

そのため古血が溜まると正規の働きが悪くなり

また古血ができるという悪循環になります。

冷え症は「冷え」が古血が溜まった状態ですから

肩がこる、頭が痛い、腰が痛いなど

様々な体調の崩れが現れてきます。

腰の痛みはありませんか?

腰の痛みの原因になっている「冷え」がとれていないと

痛みは治せません。

腰の痛みを治そうと思ったら

腰を指圧などの部分的に治療するのではなく

腰への血液の流れを邪魔している

「冷え」を取ればいいのです。

冷え取りポイント

体を温かくして血液の循環を良くすること。

これが健康のカギと言えます。

■装いの正しいあり方を守りましょう

基本は「頭寒足熱」

体の方は涼しくして足元を温かくすることです。

体によい繊維は絹です。絹は保湿性が強く

毒を吸う力も強く、その毒を排出する力も強いです。

身体に直接触れる肌着は絹にしましょう。

ゆったりとした服装が排毒に効果的

体にぴったりとした衣類は、皮膚からの毒の出口をふさいだり

血管を圧迫して血液循環を悪くします。

ダブダブした感じで切るのが良いです。

■足首の運動を取り入れる

体を動かすと毒は出ますから、運動をすることは良いことです。

エアロビクスのような早い運動ではなく

ある程度ゆっくり負荷をかけて動くのが一番毒を出しやすく

また、体の力を強くし、ダイエットにもよい運動です。

足首の関節は毒を出して「冷え」をとるのによい部位ですから

足首の運動や歩くときに

足首をしっかり伸ばして歩くのはオススメです!!

冷えにくい体を目指しましょう。毎日続ければ習慣化できます。

 ↓   ↓

冷え症と運動不足を参考にして下さい。

■自分らしい体に導きましょう♡

女性の健康と「冷え取り」は切り離せませんね。

「冷え」が取れると健康になり美しくなり、前向きになれます。

実は管理人は、白髪で悩んでいましたが

「冷え取り」をしたら年を重ねていくのに以前より目立たないのです。

また、以前より疲れにくく

少し無理をしても回復が早くなりました。

「冷え」を取るといいこといっぱいですよ(^^♪

「体を温める」スペシャルケアしたい時にはこちら!

お湯なのにまるで美容液のようです。

管理人はこれで体調が良くなりました。

 ↓    ↓

薬用HotTab 実際の使用感は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です