冷えにもむくみにも。半身浴効果って本当にすごい!

下半身や足のむくみ対策には、入浴、

特に「半身浴」が良いとされています。

むくみの改善には冷え性を改善すると良いと言われますので、

温めるのが効果があるということです。

半身浴とは

下半身だけを浴槽につかり、長時間入浴する方法です。

湯音は37-38℃程度(冬なら40℃くらい)で、

通常よりぬるいと感じる程度の温度です。

熱いと長く浸かっていられないですし、心臓への負担になります。

ぬるめの湯をバスタブの半分くらい、

みぞおちあたりまで(おへそから10センチくらい上)がベストでしょう。

下半身だけ浸かっている状態なので、

下半身は温められて血流が良くなり

下半身だけ湯に漬かって水圧を受ける状態になります。

上半身は湯に浸かってないので、体温変化はありません。

心身共にリラックスして、

じっくりと時間をかけて入浴するのがおすすめです♪

入浴すると、身体には水圧がかかります。

下半身だけ浸かる半身浴の場合は、

下半身にだけ水圧がかかることになり、上半身は圧迫されていない状態です。

そのかかった水圧によって、

下半身から上半身へ血液が流れやすくなります。

下半身だけ温まることによって、血行にも差が出ます。

血流が良くなった下半身から上半身へ、血液が流れる作用が生じるのです。

とくに飲みすぎた次の日などは、体に余分な水分やアルコールが

溜まっているので、早く排出した方が良いです。

冷え症と運動不足の関係は?

運動不足を解消するために出来ることは

こちらを参考にして下さい。

↓   ↓

運動しないから冷える?

■半身浴のポイント

30分程度、最低でも20分以上入らないと効果がないとされています。

お湯の温度が下がすぎないように、足し湯やお湯の温度をキープしましょう。

口に水を含みながら半身浴をすると汗をかきやすくなります。

老廃物や毒素を身体の外へ排出できるデトック効果を得られます。

半身浴をすることで、老廃物を含んだ古い水分が

汗となって外に排出されるので、むくみの解消に非常に効果的です。

全身で入浴するよりも疲れにくく

汗を効率よく排出することができるからです。

冷え性になる原因は

なんといっても血行が悪くなることが挙げられます。

血行が悪くなると、手足の指先に血液が届きにくくなるので

指先が冷えてしまいます。

半身浴で解消していきましょう。

こちらを使うとさらに効果が期待できそうです!

肌がつるつるになったのを実感します。

 ↓   ↓

重炭酸湯の効果

■冷えとりも!半身浴で期待される4つの効果

1.血行促進

冷えとり半身浴をすることで、血行が促進されます。

湯船に入っているだけで、普段は冷えやすい手先や足先にも

温かい血液が循環するので、手軽に血行促進を感じられます。

2.睡眠の質が改善

人は体温が低下するときに眠気を感じやすいので、

体温が下がるタイミングが入眠に最適です。

また

体温の低下の幅が大きいほど、うまく眠ることができます。

入浴によって一旦体温を上げることで

体温の下げ幅を大きく確保して

体温が下がってきたところで就寝するようにすれば

よい睡眠を得ることができます。

半身浴を続けると、基礎代謝がアップして

いろんな身体に良い効果をもたらしてくれますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です