お酒を飲んだ翌朝にむくむのはなぜ?

お酒を飲んだ翌日、目覚めた自分を鏡見てビックリ!

顔がパンパンに腫れあがっているのです!

しかも顔だけでなく足や手もむくみが出ていて

一気に体重が増加したように見えてしまいます。

なぜお酒を飲むとむくみやすくなるのでしょうか?

むくみに関する疑問を解消していきましょう。

アルコールで血管外に水が出てくる?

アルコールを摂取すると血管が膨張します。

すると

動脈側の毛細血管の「血管透過性」が亢進され

血管壁が水分を通しやすくなります。

動脈の血管壁には微小な穴が開いていて、

そこから水分がどんどん出てくるようになります。

これがむくみを起こす大きな原因となります。

アルコールを飲んで、尿を出して、

また水を飲む=むくみ誘発の悪循環・・・

アルコールによる抗利尿ホルモンの抑制で

尿がたくさん出ると、喉がかわきますので

必然的に水を飲むことになります。

さらにアルコールの影響で、

血管透過性が亢進され水がどんどんと血管外に出てきます。

すると

血管内の水分量が不足して脱水状態となり

のどが渇くので、また水を飲む・・・

いわゆるこの繰り返しになってしまうのです。

むくみ予防、解消には、できればアルコールの量は

控えたほうが良いのは確かですね。

パンパンした顔で出勤するのは嫌ですよね。

簡単にできます。

「朝の顔のむくみ解消法」はこちらを参考にして下さい。

↓   ↓

朝の顔のむくみ解消法

お酒を飲んでいると、

ついつい食べたくなってしまう揚げ物やおつまみ。

ビールには塩分がほとんど含まれず、

塩味の効いた食べ物が欲しくなるものです。

冷やっこや焼き鳥などの

脂が少ないタンパク質なものがオススメです。

味の濃い食べ物に含まれている塩分は、

体内の水分をためこんでしまう性質があるため、

むくみの大きな原因となります。

適度な水分補給

お酒だけを飲むのではなく、

水を適度に飲みながらお酒を飲むようにしましょう。

アルコールを分解するのに体は水を必要とします。

水分補給しながらアルコールを飲まないと、

分解のために水を消費してしまい

脱水症状になってしまいます。

脱水症状になった身体は、

本来排出されるべき老廃物を含んだ水分までもためこんでしまい、

翌日のむくみの原因になってしまいます。

しかし、

お酒を飲んだあとに大量の水を飲むのは返って逆効果。

むくみの原因ともなりますので要注意!

お酒を飲み過ぎない

お酒を飲みすぎれば当然体にむくみが出ます。

むくみが出やすい人ほど大量には飲まないようにしましょう。

ビール中瓶1本、焼酎0.5合がベストな量です。

翌日むくみが出てしまったら

どんなに気をつけていても、むくみが出てしまったら、

ハーブティーなどの利尿作用の高い飲み物を飲んだり

カリウムの多いものを食べたりして対処しましょう。

むくみの原因となる水分は、

その日のうちに排出しておかなければいけませんね。

サプリメントの力を借りてむくみを解消する場合は

 ↓    ↓

きゅきゅっと小町・実際の使用感は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です