夏の足の冷え症対策 暑くても身体は冷えている!

夏でも寒い、足が冷たいと

冷え性で悩んでいる女性はとても多いですね。

女性の身体は冷えやすく、

夏といえども、油断大敵です!

冷え性は病気ではありませんが、

病気を引き起こす原因にもなりかねません。

足が冷たくて手はあたたかいのは、血行不良の症状です。

実は、冷え対策は夏から始めると効果的とされています

夏は特に自律神経が乱れやすいようで、

冷たいものを多く食べたりしがち・・・

内臓から冷えて、足先が冷たくなることがあるようです。

冷えに悩む方の多くに当てはまるのが

「露出が高い衣服を着ていること」です。

胸元や背中が大きく開いた服やノースリーブ、

体のラインに沿った丈が短いスカートなどを着用することで、

体を無用意に冷やしてしまっています。

運動はしていますか?

運動をしないと身体は冷えてしまいます。

冷えにく身体を目指しましょう。こちらを参考にして下さい。

 ↓   ↓

冷え症と運動不足

自分の身体をチェック!!

二の腕や太ももなどの柔らかい部分は

筋肉が少なく脂肪が多い部分です。

そこを触ってひんやりしているなら体が冷えている証拠です

夏の足元、冷えてない?

ミュール等はかかとが高く、

不自然な歩き方になってしまう傾向にあります。

足先に負担がかかる歩行は、

血行を妨げてしまうことも考えられますので、

足先の冷えとなって現れるのです。

やせ形体型なのに、下半身太りが気になるという方も

ミュールなどかかとが高い靴を履いていることが

原因の一つとして考えることができます。

このほかには、睡眠不足や偏食などが原因で

自律神経が乱れている可能性が考えられます。

自律神経が乱れることで「暑い時には汗を流す」

「寒い時には血管を収縮させて血流を抑える」

などの作用が滞ってしまうことで

冷えを強く感じるようになるのです。

冷えに悩む方のほとんどの場合、

これらの原因が複数組み合わさって、

強い冷えとなって現れています。

貧血や、低血圧などが原因で

足先の冷えが現れていることもありますので、

侮ることはできません。

夏場の冷えを解消するための対策としてお勧めしたいのが

軽い運動です。

体を動かすことで、心拍数を上げることができ、

体を温めることができます。

 下半身の冷えには筋肉を鍛える事が有効なようです。

スクワットとか足を鍛えると血流も良くなります。

脚には筋肉がたくさんあるため、血行促進作用が期待できます。

体温が低い人は、なるべく夏でも冷たいものを

食べないようにするといいかもしれませんね。

また、

食事を1日三回バランス良く摂取することも大切です。

体を温める作用がある食べ物として、

豆腐や白身魚などのタンパク質、ブロッコリーなどのビタミンC、

代謝を高め、血流増進効果がある

ビタミンEとビタミンB群が含まれた食材は

毎日の食事に必ず取り入れていきましょう。

その他、体の冷えの大敵は嗜好品です。

夏場は特に飲酒や喫煙の機会が多くなります。

またスイーツなどの脂肪分・糖分は

体を冷やす大きな原因にもつながります。

冷たい食べものも体を冷やしてしまいます。

ソフトクリームやかき氷などを食べ過ぎていると、

夏場の冷えを強める事になるのです。

心臓から送り出される血液まで冷えて血流が悪くなってしまいます。

 夏は室内と外の気温差が激しく、

体内の温度調節が難しくなってきます。

冷房対策として、靴下を履くとかひざかけを使う、

腹巻着用、首にスカーフを巻いて

首から冷えるのを防ぐとか工夫出来ます。

夏の入浴法

入浴方法にも気を遣うことで、

冷え知らずの体を作ることができます。

 ↓   ↓

薬用HotTab 重炭酸湯の効果は?

夏場はシャワー浴だけで済ませてしまうことが多いのですが、

湯船にお湯を張ってしっかりと温まることをお勧めします。

滞った血流が流れやすい状態になりますので、

足先の冷えを解消できるのです。

ちょっとした工夫で冷えを防ぐことができます。

冷えを撃退して楽しい夏を過ごしてくださいね☀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です