むくみとダイエット中の正しい水の飲み方

お水を飲むだけで痩せる?

「お水ダイエット」をしている人も多いかもしれませんね。

水の飲み方を間違えたら大変!!

ダイエットどころか、むくみにつながり

逆に水太りになってしまい、痩せにくくなってしまいます。

むくみがあるという人は、

水の循環システムのどこかに問題がある可能性があります。

では、やせやすい身体を作るには、

いつ、どのくらいのタイミングで水を飲めばいい?

ダイエット中の正しい水の飲み方を見ていきましょう。

・水を毎日2リットルから3リットルこまめに飲むと、

 血液の流れが良くなります。

・血液は約50%が水分で出来ているので、

 水不足だと血液の流れが悪くなってしまいます。

その結果、

細胞が水分ではれ上がって、むくみが生じるわけです。

正しい水の飲み方を知りましょう。

水分を摂るタイミングも重要です。

・一度に大量に飲む(一回に飲む量はコップ一杯程度)

・冷蔵庫でキンキンに冷えた水を飲む

・食前・食事中・食後に大量に水を飲む

・寝る前の水のガブ飲み

このような飲み方は良くありません。

朝と昼間を中心に、適切な時期に適切な量を摂りましょう。

カリウムは体にとって必要な必須ミネラルです。

すっきりとした体を作りましょう!

↓   ↓

むくみ解消に役立つカリウムの効果

運動時にはどんな水を飲めばいい?

運動前や運動中は、身体に負担の少ないアルカリ性の軟水、

運動後は、汗と一緒に出たミネラル補給のため中硬水がおすすめ。

疲労状態が強く脱水症状の疑いがある場合は、

水ではなくスポーツドリンクに。

ダイエットでは水分をしっかり摂るべき!

水分を控えると脂肪が燃えにくくなり、

血液がドロドロになり健康綾美容にも悪影響をもたらします。

便秘の可能性も出てきます。

また、水分不足でも足のむくみは起こります。

身体の水分が不足すると体外へ排出する働きを抑えて

少ない水分を抱え込み水分不足を補おうとすることで、

むくみが起きてしまうと考えられます。

むくみが起こったから水分を控えようとすると

脱水症状に陥ってしまい

結果、

足のむくみも解消しないという悪循環を招きます。

また

水分不足になることで血液循環や新陳代謝にも影響があり

めぐりの滞りにつながるため、むくみやすいと考えられます。

水分は取り方によってむくみを招きますが、

取らな過ぎてもむくみにつながります。

足のむくみを解消するには

バランス良く水分を摂取することがとても大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です